« つ、疲れました。さすがに。 | トップページ | 緊張感 »

2005/05/15

次期主役登場!(違います)

precure414

今回のお話は、楽しかったですねー。特に一年生コンビの可愛いこと可愛いこと。息の合ったところを見せてくれて、いつイヤイヤダンスを始めるのかとヒヤヒヤしながら見てました。
ただ、立ち位置の左右が定まってないところなど、まだまだなぎほのには及びませんねー。
なぎほのを目標にがんばって、三年目のレギュラーを狙ってほしいものです。

(というわけで、さきほど無事、録画を見ることができました! わぁい♪)

|

« つ、疲れました。さすがに。 | トップページ | 緊張感 »

コメント

またまた通りすがりの者です。
あの踊りはどう見ても、ファイン&レインですね。
出来る事ならプロミネンスしてもらいたいでプ~モ

投稿: 通りすがり | 2005/05/16 23:35

ぷにケご苦労様でした。
本当は行きたかったのですが、先立つものが・・・・
そして、すぐさま4コマとはさすがです。

通じ合いました・・・・ひさびさに、同じネタを考えていました。よって私のはボツ。

投稿: よしみ | 2005/05/17 00:22

昨年の夏子・京子事件以来久々のほのか血管ぶち切れネタ!
十分楽しませて頂きました!
恐らくほのかの怒りは相当なものと考えられます。
どうか冷静になって頂きたいところですが、
この状況では無理?

投稿: 西園寺俊介 | 2005/05/17 01:06

奈緒美羽はふたご姫ファンということでいいんじゃないでしょうか|・∀・)イイノカ?
ほのかさんは最近受難続きですが愛を試されてるんだと思いますw

投稿: 優華麗 | 2005/05/17 01:29

この日のほのかさんのなにげに気になるセリフ。
「ひかりはいいポジションにいるから」

ほのかさんの後ろでなにかが燃えているような気がしました。

投稿: 五味 | 2005/05/17 07:03

本編も大事ですが,一つ忘れてはいけないことがあります。
いちばん最後の「また見てくださいね」はどうですか。
私は幸い(?)ルミナス派ではないから一命をとりとめましたが,
あれで悩殺された人もいるのでは・・・

投稿: さかな | 2005/05/17 12:27

>さかなさん
ここにいます。正真正銘ひかり派です。
丁寧語萌えです。凛々しい御姿もさることながら、奈緒美羽を「彼女ら」とのたまった気高さを髣髴とさせる「また見てくださいね」のお言葉に平伏しながら萌え死にました。

投稿: くさむら | 2005/05/17 23:21

>通りすがりさん
来年はきっとこのふたりが、プロミネンス・オーロラ・ウェーブするのです。
>よしみさん
この日のためにGWの出費を最小限に抑えてましたので。
やっぱネタかぶりましたか。脳内放送の受信機器の形式が同じなのかもしれません。
>西園寺俊介さん
ほのかさんの怒りが怖いです。
実は美羽ちゃんもほのかさんと怒りを共有しているという秘密情報が!(嘘)
>優華麗さん
ふたご姫のダンスをすべて暗記しているに違いありません。
ほのかさんの愛は広大無辺なので、だいじょうぶです。
>五味さん
あれはですね、ほのかさんはさりげなく釘をさしたつもりなのですけど、当然ひかりちゃんには通じていないということでしょうか。
>さかなさん
敬語に笑いました。ルミナスちゃんらしいって。今回のまたみてねは「なおみうひか」にしてほしかったかも。
>くさむらさん
「彼女ら」のところ、しゃべり方も変えてましたよね。声優さんの判断なのかそういう演出なのか、どちらにしてもすごいと思いました。

投稿: kono | 2005/05/18 20:19

時期主役… ぼくもそんなこと思いました。ひかりと奈緒美羽で三年目。まあ実際はありえなーいのでしょうけれど。あとバスケ部期待の星である奈緒はなぎさをひきつぐことはできても、美羽がほのかを継ぐには設定が薄いかな。ただし奈緒美羽はひかりにとって世界との扉ですから、これからも出てくるでしょうね。

投稿: dokoiko | 2005/05/22 01:25

いやきっと美羽ちゃんにもドス黒い裏設定が! (いや別にドス黒くなくてもいいんですが)
おふたりには、今後の登場時、初登場時よりもさらにはっちゃけた活躍を祈るものであります。

投稿: kono | 2005/05/22 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26050/4158779

この記事へのトラックバック一覧です: 次期主役登場!(違います):

« つ、疲れました。さすがに。 | トップページ | 緊張感 »