« ここから始まる物語 | トップページ | 決して失くしたくない! »

2006/01/29

ごく普通のそれが日常

precure667

このブログを描き始めて、今日で672日目です。
1日1枚を欠かさないことをもってプリキュアへの愛を表現すると決意した日から672日。
ここに、完走。

|

« ここから始まる物語 | トップページ | 決して失くしたくない! »

コメント

 当たり前の日常…確かにですね。(もちろん日常次第かもですが)
 考えてみるとバトルが蛇足な位に日常ドラマがあったのもその具現だったのかもです。
 これからも二人の「良き日常」があらん事を。そしてそれが人知を越えた力で脅かされる時、再び立つのでしょうね。(そんな事がなければ良いのですが)

 余談ですが、今週は「ヒカル」名に良い話が…(某魔法戦隊より、でもあちらはこれからが)

投稿: ATK51 | 2006/01/29 20:32

こんにちは。T.Ishikawaです。

>ここに、完走。
「ひとまず完走」して
また走り始めるんじゃないんですか?(私も、konoさんも、見ている多くの人も)

またがんばりましょう!

では、失礼します。

投稿: T.Ishiikawa | 2006/01/29 20:41

konoさんひとまず大変おつかれさまでした。
最終回は2時間スペシャルでもよかったろうに朝日放送のケチ。
ただ、自分としては毎週一話も欠かさずに見続けたアニメはこれが初めてだろうという記念の作品になりましたw。
やりのこされたこともある気がしますが、みんなが一緒に状態で終わることができたということは、いつでもまた変身OKなわけです。
なぎほのそしてひかりの世界が次のスプラッシュスターの世界とつながっていて、いつかほんのちょっとでも登場してくれることを信じて引き続きプリキュアを応援したいと思います。

投稿: しむ | 2006/01/29 20:57

誰か足りないような… なんだろ、この気持ち。

投稿: dokoiko | 2006/01/29 22:18

また、ひかりちゃん視点ですね。
これはこれでなかなかいいものです。

konoさんにとって1日1枚が、ごく普通のそれが日常になるのでしょうか?
毎日の更新の大変さは多少判るつもりです。
本当にご苦労様でした。

そして明日からは、また・・・・

投稿: よしみ | 2006/01/29 22:47

>ATK51さん
日常最優先。日常を守るためならまた非日常に飛び込んでいくのでしょう。

>T.Ishiikawaさん
きっとこの思い出を糧に生きていくんです。るるるー♪

>しむさん
私も、1話も欠かさずに見たアニメはこれが初めてです。(1クール以内のは除く)
全員残ったってことで、彼女たちの日常が侵されるとき、ふたたび変身することもあるのでしょうね・

>dokoikoさん
ええっと、ユリコさんは、描こうとして力尽きました。ごめんなさい。
え? ユリコさんじゃない?

>よしみさん
はい。おなじみのひかりちゃん視点です。
ひかりちゃんにとって、これがあたりまえの日常だと思いますので。
そして明日から……
いえそんなすぐには。(笑)

投稿: kono | 2006/01/29 23:34

konoさんお疲れ様でした。
学校のモブシーンでのガヤが聴き応えありましたねぇ。絵で出てこない分いっぱい喋ってましたねぇ。
本編は何度も泣かされてしまいましたよ。
最後にたこカフェ持って来るあたり、いい仕事してますよね。

投稿: UKIUKISAN | 2006/01/30 00:13

>UKIUKISANさん
あの短い時間で見事に「卒業」を表現していましたね。脚本と演出の力っていうのは本当にスゴイです。
最後はやっぱりあそこじゃないと。
なぎほのだけならいつもの堤防なんでしょうけど。

投稿: kono | 2006/01/30 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26050/8402288

この記事へのトラックバック一覧です: ごく普通のそれが日常:

» 「あ」から始まる、愛ことば [永遠的日誌 Ver.2]
「ふたりはプリキュアMaxHeart」最終話。 2年に及ぶ、なぎさとほのかの長い戦いが終わりを告げ、ささやかな日常が戻ってきた。 おもえば、無印は中盤から見始めたという不良プリキュアンながら、こうやって最後まで見続ける事が出来たのは、彼女達がそれほどまでに魅力的だったこと、だったんだろうな。 なぎさやほのかは言うに及ばず、ひかりちゃんの存在は、俺にとっても大きかったし。 彼女は、いろんな意味で俺という存在を変えてくれた、まさしく女神様だったのかもしれない。 …それでも、俺にとっ..... [続きを読む]

受信: 2006/01/29 23:06

« ここから始まる物語 | トップページ | 決して失くしたくない! »